(C) 関西シティフィルハーモニー交響楽団
(アマチュアオーケストラ,大阪市)

2004年11月28日の第3回ファミリーコンサート打ち上げでご講評頂いているところです。
(2004年11月28日 撮影)

高 昌帥
(こう ちゃんす)



トレーナー

1970年 大阪生まれ。
大阪音楽大学作曲科卒業、スイス・バーゼル音楽アカデミー留学。
作曲を田中邦彦、R.ケルターボーンの各氏に、指揮をJ.マイヤー氏にそれぞれ師事。

第5回吹田音楽コンクール作曲部門(室内楽)1位無しの2位。
第13回名古屋文化振興賞(室内楽)佳作。
第1回コダーイ記念国際作曲コンクール(合唱、独唱とオーケストラ)佳作。
第12回朝日作曲賞受賞(2002年吹奏楽コンクール課題曲「吹奏楽の為の『ラメント』」)
 →受賞記念インタビューへ
第1回COMINES-WARNETON国際作曲コンクール「イヴ・ルルー賞」受賞

現在、大阪音楽大学、ESA音楽学院・リペア専門学院、各非常勤講師。
関西現代音楽交流協会会員。プロ・アマ問わず多数の委嘱を受け、管弦楽・吹奏楽・ 室内楽など様々な編成の作品を作曲する傍ら、アマチュアオーケストラや市民バンドの指導にも携わる。

<付 記>

2002年4月に自身の公式ホームページを開設。

2003年3月16日
関西シティフィルハーモニー交響楽団第35回定期演奏会を指揮

第35回定期演奏会を終えての感想へ

(2005年11月26日 更新)


(高先生より一言)

私はこう見えても・・・

私はこう見えても大変太りやすい体質です。エサを与え過ぎないで下さい。
私はこう見えてもとても繊細です。取り扱いに充分ご注意下さい。
私はこう見えても微妙に若いです。この楽団でたくさん学びたいと思っております。
これからも宜しくお願いします!!


目次に戻ります。

トレーナー紹介トップページに戻ります。