オペラ「トスカ」の物語
−主なテーマ(ライトモチーフ)−

(注意!)MIDI再生できません。






<フローリア・トスカ>
   非常に美しくも激しいテーマ


<祈りのテーマ>
このテーマは、
トスカの神への信仰心祈りの気持ちを象徴したテーマであるとされています。

敬虔なカトリック信者である彼女の、静かな「祈り」の気持ちが、弱奏のフルートや独奏(1人弾きの)チェロによって
美しく滑らかに表現されています。

そして、このテーマは後に(微妙に形は変化しますが)、神への嘆願から自分に対する運命の仕打ちを嘆く、あの有名な
アリア「歌に生き、恋に生き」の中の、神への嘆願を歌う中間部の伴奏旋律となるのです。

おそらく、全幕中で
最も静かで美しいテーマではないでしょうか。