TOSCAイタリア語用語集(r〜z)
score 用  語 意  味 解  説
16 religioso 敬虔に religione=宗教、修道。
318 rinforzando 急速にクレッシェンドする 元気づける、さらに強化するに意味のrinforzareから。通常、rinforzandoはsforzandoと同じ意味に用いられます。
16 Ritenuto 直ちに速度をゆるめる 動詞ritenereには保持する、停止する、こらえる、等の意味があります。この動詞の過去分詞が形容詞として使われるとき、遠慮深い、慎重な、ぎこちない、という意味になります。
183 ritornando ふたたび戻って ritornare=戻る、再び戻る。Tornandoの項参照。
7 robusto 強壮な、確固たる  
356 rollata ロールで rullareもrollareもともに船がローリングする、という意味を持ちますが、白水社新伊和辞典によるとrullareの方だけ太鼓のロールの意味があることになっています(rullo fittoの項参照)。
381 rubando テンポを自由に 音楽用語としては、盗むという動詞rubareを過去分詞にしたrubatoがよく使われますが、これは同じ動詞をジェルンディオにしたもの。すなわち、「盗まれた」と「盗んで」の違い。このrubareも中世ゲルマン語からの借用です。fango(泥)、guerra(戦争)、scherzare(ふざける)、stalla(家畜小屋)等、当時のゲルマンからの借用語にはあまり上品なものはないようです。
436 rullo fitto 緻密なロール rullare=船がローリングする、車が回転する、太鼓でロースをする、の意味を持ちます。rulloはそこから派生した名詞です。
350 ruvido きめの粗い、無骨な  
11 scherzoso 諧謔的に、陽気に ゲルマン系の言葉からの借用語です。
271 secche 乾いた seccoの項参考。seccheは女性複数形。
114 secco 乾いた 乾燥した、やせこけた、無愛想なという意味の形容詞。名詞として使うと、乾燥、のほかにお金がないこともさします。
402 secondando ben la parte 主声部をよく補佐する secondare=補佐する、支える、はボクシングのsecondoの役目です。La parteはthe partですが、ここではCAVARADOSSIです。
19 sensibile 繊細に 感じる、聞く、意識する、認識する、の意味の動詞sentireから派生。
191 sentito 感情を込めて 聞いた、耳にした、知った、心からの、深い。感じる、聞く、意識する、認識する、の意味の動詞sentireの過去分詞から。
9 sfiorando 軽くふれるように 軽くふれる、かすめる、なでる、最良の部分を手に入れる、花を摘む、等の意味のsfiorareのジェルンディオ。
268 sino alla fine 終わりまで  
275 smorzando 徐々に音を弱めると同時に遅くしていく smorzareは光を和らげる、声を落とす、感情を沈める、といった意味の動詞。
25 Sostenendo 各音符を充分に 支える、維持する、守る、耐える、等の意味の動詞sostenere(英語のsustainに相当)のジェルンディオ。
1 sostenuto 各音符を充分に 支える、維持する、守る、耐える、等の意味の動詞sostenere(英語のsustainに相当)の過去分詞。
177 sostenuto le terzine 三連符維持して  
35 spigliato のびのびと、軽快に 1.おおらかな、のびのびとした、気楽な 2.敏捷な、軽快な。
45 staccato 音を明瞭に分離してひく staccareは、離す、切断する、一語一語切って発音する、等の意味。その過去分詞。
3 stentando 引きずって、重く 動詞stentare(生活に困窮する、苦労する、やっとのことで....する)の過去分詞。
59 stentato 引きずられた、重い 動詞stentare(生活に困窮する、苦労する、やっとのことで....する)のジェルンディオ。Stenta a camminare.(彼はやっとのことで歩いている)。
206 strepitoso 騒々しい、やかましい 名詞 strepitoは騒音、叫び声、形容詞 strepitosoは騒がしい、やかましい。英語ではstrepitous騒々しい、ですが、ともにラテン語の strepitosumに由来します。
9 stringendo だんだんせき込んで、速度を速めて 動詞stringere(締める、握りつぶす、強制する、切迫する)の変形したもの(ジェルンディオ)。名詞にするとstretta(締めること、圧迫、結末、フーガやオペラの緊迫部)。ラテン語でstringereというと、縛り合わせる、触れる、約言する、心を痛ませる、感動させる、等の意味があります。それにしても基本の言葉から色々と枝分れしたもので、英語のstrict(厳格な)やstrain(引っ張る、引き締める)、stress(ストレス)strait(海峡)は、stringendoと同じくラテン語のstringereから派生した言葉です。ところで、英語のstring(紐、弦)はこれらの借用語ではありません。ドイツ語でStrang、オランダ語でStrengというように、この言葉はゲルマン祖語に由来します。一方、ギリシア語でstraggaleというと馬を牽く綱のことです。おそらく、紐もしくは結ぶという言葉は、数字や日月、神や父母と同様に、印欧祖語(インド、イラン、ヨーロッパ等の人々の共通の先祖が話していた言葉)以来の語彙にふくまれているのでしょう。
424 subito dopo la parola 言葉のあと直ちに  
194 sul palco (interni) 舞台上で(内で)  
26 sulla tastiera 指板よりで sullaはsu+la(冠詞)。suは上に、の意味。ピアノの鍵盤やタイプライターのキーをtastieraといいますが、ここでは指板の意味。すなわち、指板の上を弾くのがsulla tastieraです。このtastieraは女性名詞なのですが、同じ意味の男性名詞にtastoがあります。こちらを使うときは冠詞も男性用のもの(il)を用い、sul tastoといいます。
231 suono  
234 taglio facoltativo 任意にカット  
401 teneramente 優しく、愛情を持って ラテン語のtenerumには優しい、柔らかい、繊細なといった意味があります。英語のtenderもイタリア語のteneramenteも元を正せばこのラテン語に行き着きます。
356 tetro 暗い、陰鬱な  
118 tornando 戻って 帰る、繰り返す、取り戻すの意味のtornareのジェルンディオ。
63 tranne il I. 首席奏者を除いて  
54 tratteneuto 引きとどめる 保存する、抑制する、引きとどめるの意味の動詞trattenereの過去分詞。tratta(引くこと)+tenere(持つ)という成り立ちです。
29 tremolo fitto 細かいトレモロ fittoは打ち付けるという意味の動詞figgereの過去分詞に由来する形容詞で、打ち付けた、固定した」、という意味から厚い、濃い、緻密な、目の細かい、という意味を派生しました。
183 tremolo stretto 切迫したトレモロ strettoはきつく締めるという意味の動詞stringereの過去分詞に由来する形容詞で(stringendoの項参照)、緊迫した、厳しい、という意味を持ちます。
1 tutta forza 全力で tuttaは全ての、という意味の形容詞tuttoが女性名詞につくときの形。forzaは力。LA FORZA DEL DESTINOといえば、ヴェルディーの「運命の力」。forzaを形容詞にすると、forte強く、となります。動詞にするとforzare強める。これをジェルンディオ(副詞)にするとforzando。
5 tutte 全員で tutteは全ての、の意味のtuttoの女性複数形。男性複数形はtuttiとなります。
344 Tutti il piu piano possibile poi rinforzando 可能な限り弱くし、それから急速に強くする  
341 tutto sull'istessa corda ずっと同じ弦で  
1 uniti 一つになった 結ばれた、一つになった、均一のの意味の形容詞unito
381 vagamente 漠然と、あいまいに 動詞vagareはさまよう、放浪する、名詞vagabondoは放浪者のこと。
63 vellutato ビロードのように velloは羊毛皮、vellutoはビロードのこと。
18 via sordina ミュートをはずす viaは道という名詞、遠くへという副詞の他に、さあ出発だ!というかけ声にも使われます。
315 vicino 近い avvicinandosiの項参照。
271 violento 乱暴な con violenzaの項参照。
1 Vivacissimo 非常に早く vivaceの最高級。vivaceははつらつとした、元気な、敏捷な、速い、等の意味を持ちます。形容詞vivo生きている、いきいきとした、元気な、や、動詞vivere生きると同じ語幹viv-をもちます。英語のvivid生彩のある、はつらつとした、とも親戚の言葉です。
41 vivo 生き生きと、活発に 形容詞vivo生きている、いきいきとした、元気な、や、動詞vivere生きると同じ語幹viv-をもちます。英語のvivid生彩のある、はつらつとした、とも親戚の言葉です。