オペラ「トスカ」の物語
−主なテーマ(ライトモチーフ)−

(注意!)MIDI再生できません。






<スカルピア男爵>
   強大な権力と湧き出る我欲のテーマ

詰問(拷問)のテーマ
このテーマは、スカルピア男爵がカヴァラドッシをじわじわと締め上げるように
詰問(拷問)する様子を象徴したテーマと考えられます。

反乱分子に対する容赦なき弾圧、そして拷問と粛清を己の職務と同時に快楽とする
スカルピア男爵の執拗さと恐ろしさを感じさせるように、はじめはフルートを中心とした、不気味なまでに穏やかな音色で始まりますが、徐々に威圧的となり、最後には金管楽器による行進曲風の圧倒するような音楽となります。

また、このテーマはカヴァラドッシの拷問シーンで変形し、じわじわと上昇していく音型となって、今度は
トスカへの精神的拷問のテーマへとなるのです。
(このテーマの後に導き出されるのが、後述のトスカの
「嘆きのテーマ」です。)