オペラ「トスカ」の物語
−主なテーマ(ライトモチーフ)−

(注意!)MIDI再生できません。






<マリオ・カヴァラドッシ>
   勇壮、愛、絶望など多様なテーマ


<共和主義者のテーマ>
このテーマは、
カヴァラドッシを始めとした共和主義者の不屈の闘志勇敢さを象徴したテーマであるとされています。

当時のナポリ王国による、たび重なる弾圧にも負けず、自身の信じる自由と平等を信じて、激しく、あるいは(始めのカヴァラドッシのように)静かに戦い続けてきた共和主義者の精神が、
最初は静かなものの、話が進むごとに、より力強く、大きな音量で演奏されていきます

そして、このテーマはナポレオン逆転勝利の知らせの場面(第2幕中間あたり)で絶頂となりますが、同時に彼に絶望的な死の運命が決定付けられてしまうのです…

おそらく、全幕中で
最も勇壮なテーマではないでしょうか。