オペラ「トスカ」の物語
−主なテーマ(ライトモチーフ)−

(注意!)MIDI再生できません。





<チェーザレ・アンジェロッティ>
   逃走の焦りと怯えに満ちたテーマ

<逃走のテーマ>
このテーマは、
アンジェロッティの足がもたつきながらも逃走する様子その焦りを象徴したテーマであるとされています。

その当時、スカルピア男爵を筆頭とする秘密警察組織によって捕らえられ、危うく他の同志(共和主義者)達と一緒に粛清されようとしていた彼は、何とか妹のジュリア(アッタヴァンティ侯爵夫人)の助けを借りてサン・タンジェロ城を脱獄しますが、その逃走中に警官に発見、再逮捕されるかもしれない恐怖感焦りが相当あったに違いありません
このテーマは、そんな彼の様子や心情を見事に描写しています

そして、
このテーマ(の断片)彼の存在を暗示する場面、つまり、第1幕の大部分第2幕の一部(スポレッタが彼の自殺を報告する場面)で度々演奏されます。

おそらく、第1幕中において(その演奏形態が変化するにせよ)、最も激しく、騒々しいテーマではないでしょうか。