オペラ上の原語(イタリア語)ではUna cintura。一口に帯といいましてもいろいろと種類がありますが、これを白無垢の花嫁衣装の帯と仮定して、どんなものか見ていきましょう。


<丸帯・袋帯・掛下帯>

江戸時代を通して、着物の帯はどんどん幅広になっていきました。歌舞伎役者や遊女が華美を競い、一般庶民がそれをまねた結果です。
そして、明治期の丸帯幅1尺8寸(約55cm)に達しました。

このページ明治期の丸帯を付けた人形の写真が載っています。)

丸帯とは幅広に織り上げて二つ折りに仕立てた帯で、第一礼装の帯です。

昭和初期までは、白地の丸帯花嫁衣装に用いられていました
蝶々さんが「重くてほどきにくい
(第1幕の後半、ピンカートンとの愛の二重唱で、婚礼衣装から寝間着に着替える場面での台詞)と言っているのは、この丸帯のことでしょう。袂に入れて持ち運んだりはしなかったでしょう。

打掛の下に着る振り袖
掛下と言います。この掛下の上に結ぶのが、掛下帯です。掛下と同じ生地で仕立てられ、金糸の刺繍が施されます。

このページに婚礼に使われる掛下に関する簡単なイラストと説明があります。)

現在用いられる掛下帯には、振り袖などに用いられる袋帯よりやや細めのものが用いられます。


<抱え帯>

江戸時代の前期に、外出時に帯の下に結んでから上げるのが流行しました。これが抱え帯、あるいはしごきです。花嫁衣装では帯の下を飾る細帯白綸子です。
これなら蝶々さんが袂にしまうこともできたでしょう。

このページに婚礼に使われる抱え帯に関する簡単なイラストと説明があります。)


<その他>

帯が幅広で華美な結び方をされるようになり、江戸後期には帯揚げ帯締めといった付属品が用いられるようになりました。

このページ帯揚げ、帯締めの結び方に関する記事や写真があります。)

白無垢では、帯揚げ白無地帯締白羽二重丸ぐけが用いられます。