風呂敷あるいは手拭い
オペラ中の原語(イタリア語)では、「Fazzaoletti.」と歌われますが、これは、ハンカチネッカチーフなどを表す言葉です。
明治の世にハンカチがなかったとは思いませんが、「アメリカ人の妻」になるまえの蝶々さんが持っていたとすると、風呂敷手拭いでしょう。


<風呂敷>

風呂敷の起源については諸説ありますが、奈良時代の寺院での入浴時に用いられたのが始まりとも言われています。
当時は入浴といっても蒸し風呂で、白い装束に着替えて入りました。その際に床に風呂敷を敷いて、その上に座って着替え、風呂から出てくるとまた着替え、白装束を風呂敷で包んで持って帰ったといいます。

室町時代足利三代将軍義満の花の御所には、貴族達を招くための大温堂(蒸し風呂)がありましたが、そこでしばしば衣服を間違えて持っていってしまう事があったので、風呂敷に紋を入れるようになった、という話も伝わっています。

江戸時代になり、庶民にも入浴の習慣が定着すると、風呂敷も庶民に広がっていきます
そうなると、風呂敷は風呂で敷くという本来の目的を離れ、物を包む機能の方が主流になっていきます。
そして、サイズもさまざまな物が作られるようになり、重箱から壷から2本の一升瓶から、ありとあらゆる物を包む方法が考案されていきました。


<手拭い>

江戸時代になり、綿の栽培が盛んになると、全国各地で綿織物が盛んになり、そんな中で手拭いがあらわれ、大流行しました。

手拭いは名前の通り手を拭うという目的だけではなく、頬被りや鉢巻、包帯、落語や踊りなどでも広く用いられています。
また、宣伝用観光みやげなどに、さまざまな絵柄を入れたものが作られました。