鉄漿(かね)の壷
<鉄漿〜お歯黒の歴史>

お歯黒(おはぐろ)は近代以前の日本でもっとも伝統のある化粧法の一つでした。
古くは弥生時代や古墳時代にもその痕跡が認められると言います。

古代は木の実などにより染められたと考えられていますが、平安時代からは鉄漿(後述)で染めるようになりました。
最初は貴族の女性の身だしなみだったのですが、やがて男性貴族もまね始め、平安末期には武士もお歯黒をするようになりました。

戦国時代になると、お歯黒は成人の証の意味合いを持つようになりました。そこで、政略結婚のために年端の行かぬ子供にお歯黒をさせたりしています。

戦国時代も末期になると武士の間のお歯黒は廃れていきます。
そして、江戸時代には、お歯黒は女性の既婚の証に意味を変えていきました。

幕末になり、西洋からの情報が入ってくるようになると、お歯黒は野蛮な行為なのではないかという議論がなされるようになります。
そして、明治維新に伴う文明開化の波の中で、お歯黒は徐々に、古い因習であると考えられるようになります。諸外国と比較して異質だし、未婚既婚を染め分ける、という考え方は女性蔑視に繋がると考えられ始めたのです。

そして、明治3年、華族(江戸時代に公家や上級武士だった者で、西洋の貴族に倣って付けられた)に対して、「華族自今元服の輩、歯染め眉払候儀停止被仰出」 (つまり「華族はお歯黒をやっちゃダメ!」ということ)と令達がだされました。
さらに明治6年には皇后も鉄漿を剥ぎ落し、 これに倣って官女、堂上方の女性はお歯黒を廃しました
庶民の間
でも、白い歯の方が「ハイカラ」だという意識が広まり、お歯黒は衰退していきました。

ところが、お歯黒には隠れた効能がありました。虫歯予防です。
お歯黒をやめた途端に女性の虫歯が増え始めたのです(詳細は後述)。
そこに簡便に染められるお歯黒も開発されていたので、日露戦争頃(明治末期)まで、再びお歯黒が盛んになりました(蝶々さんの時代です)。

その後のお歯黒は衰退の一途を辿りました。
そして、第二次大戦後には、全国でお歯黒を販売しているのは山梨県の佐藤家だけになりました。この佐藤家も近年お歯黒の生産を取りやめ、事実上、お歯黒は姿を消しました

<お歯黒のやり方>

お歯黒には、市販の製品を買ってくる方法と、自家製の鉄漿を使う方法があります。ここでは、伝統的な自作の鉄漿による方法を説明しましょう。

まず、壷に入れたお茶の中に麹(こうじ)や粥、飴、酒などを加え、その中に赤く熱した古釘や針を入れ、竈のそばなどで2ヶ月ほど熟成します。こうすることにより、粥や飴の中のでんぷんや糖分がアルコール発酵し、さらにアルコールが酢酸発酵して、できた酢酸と鉄が化学反応して酢酸第1鉄ができます。この液を鉄漿というのです。

鉄漿とともに重要なのが五倍子(ごばいし)の粉です。五倍子とは、ウルシ科の植物、ヌルデの葉にヌルデシロアブラムシという虫が寄生してできる虫こぶ(昆虫の寄生によって異常な成長を遂げた植物の一部)、ヌルデミミフシを乾燥させたもので、多量のタンニンを含んでいます。10月頃、充分に成長した虫こぶを採取し、火で炙って70度ぐらいで乾燥させたものを白附子といって、高級品とされます。熱湯に入れて虫を殺したものは黒附子といって、価値が下がります。

この五倍子、中国ではたくさん取れます。しかし、日本では、ヌルデ自体は普通に分布しているのですが、この虫こぶができるのは、山口、兵庫、長野などの一部の産地に限られ、これらの地域では特産品として売られていました。筆者自身、山の木はよく見るのですが、兵庫県篠山市で大量に付いたヌルデミミフシを見るまでは、ヌルデに虫こぶが付いているのは見たことがありませんでした。

お歯黒をするときはまずうがいをし、口の中、特に歯をきれいにしてから、お歯黒を始めて日の浅い人などはまず、鉄漿下という酸性の液を塗ります(歯の表面を荒くして色の乗りをよくするため。明治には歯を痛めると非難されました)。鉄漿を小さな器で暖めて、羽楊枝に鉄漿と五倍子を付け、歯に塗っていきます。鉄漿と五倍子は何度も交互に付け、きれいに染め上がるまで何度も繰り返します。

歯を染める、という表現を使ってきましたが、実際には歯の表面の微細な凹凸に黒色物質が付着しているに過ぎません。
ですから、常に黒い状態を保つには、二日に一度はお歯黒をし直す必要がありました。

お歯黒の道具として、上流階級では立派な道具が用いられました。なかでも、口を濯ぐための耳盥(みみだらい)は、上等なものでは漆塗りで、家紋が入れられていて、花嫁道具の必需品だったといいます(こちらのHPで上流武家と庶民のお歯黒道具を見ることができます)。

「蝶々夫人」の時代(明治中期)には、硫酸鉄と五倍子、石灰などを配合した「はやがね」が市販されていました。
花嫁道具として「携行」しているところをみると、蝶々さんの持つ「鉄漿の壷」とは、「はやがね」の容器だったのでしょう。

<鉄漿〜お歯黒の原理>

お歯黒の原理は、鉄媒染によるタンニン染めです。釘を入れると黒豆を黒く煮ることができるのとも、大体同じ原理です。

具体的には、鉄漿の主成分、酢酸第1鉄が徐々に酢酸第2鉄に酸化し、これが五倍子の主成分のタンニンと結びついてタンニン酸第2鉄になり、黒く発色するのです。

<お歯黒が歯にいい理由>

用いられた薬品類は、それぞれに歯によい作用を持っていました。

まず、五倍子。1980年代に、和漢薬を用いて虫歯を予防する方法を研究したところ、プラーク(歯垢)の形成を抑える作用がある和漢薬の一つとして五倍子が上げられました。五倍子のタンニンはまた、歯質タンパクの腐敗防止にも役立ちます。

鉄漿の酢酸第1鉄は、リン酸カルシウム(歯や骨の基本成分であるカルシウムのリン酸塩)を強化し、歯を丈夫に保ちます

しかしまず何よりも、色むらにならないように丹念に歯を磨いたことが虫歯の予防に結びついたことは間違いがないようです。