歌劇「蝶々夫人」
− かっぽれの変形 −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

第2幕第1場後半の息子のドローレが初めて登場する場面
全管弦楽の強奏
で演奏されます。
この部分では直前「蝶々さんの愛のテーマ」の変形が演奏され、
息子ドローレ蝶々さんとピンカートンの「愛の結晶」である
ことが音楽によっても極めて強く強調されています。

<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。