歌劇「蝶々夫人」
− 「愛の二重唱」の変形旋律 −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

第1幕の後半「愛の二重唱」を極度に変形したと思われる旋律で、
オリジナルとなった旋律も見分けがつきにくく、他の対旋律と合わさって、
極めて複雑な部分を形成しています。
しかもこの旋律は何度も何度も繰り返し演奏されるので、
間奏曲の中でも一番覚えられる旋律だと思います。

きっと、蝶々さんは3年前に歌った「愛の二重唱」の想い出
すごく大切にしてきたのでしょう・・・


<注意!>

音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。