歌劇「蝶々夫人」
− 蝶々さんの愛のテーマ −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

(MIDIデータ作成者BunV様 のHPより転載)

第1幕 ピンカートン、ゴロー、シャープレスが待っている中
蝶々さん(蝶々夫人)が友人と一緒に登場する時に演奏される
非常に印象的な音楽(歌)です。
この旋律は第1幕最後の二重唱(ピンカートン&蝶々夫人)など
劇中の所々に登場します。

(歌詞の和訳)
左は蝶々さん、右は同時に歌われるシャープレス友人達の歌詞です。

(蝶々さん)
さあ、もう一息で着くわよ。
って、ちょっと待ってよ。



海と大地の上を春の風が楽しそうに吹いてるわ。
私は日本一、 いや世界一幸せな娘なのよ。
ねえみんな、私は愛に導かれてここへ来たのよ・・・
愛は生きる人や死んだ人の恵みをすべて迎え入れてくれるのよ。

(女友達)
わぁ、何て広い空! 広い海!
って、歩くの遅いわねぇ!
もうちょっとで頂上よ!
見てよ、見て、お花もいっぱい!

(シャープレス)
若い子が早口でぺちゃくちゃ喋っとるわ・・・

(女友達)
お幸せにね、愛しい蝶々さん、
でも、あなたを招いてるあの敷居を越える前に、どうか振り返って見て、これだけの愛おしいものを。
こんなにいっぱいのお花、広い空、広い海を!



<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。