歌劇「蝶々夫人」
− 短刀のテーマ −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

第1幕前半の蝶々さんがピンカートンに短刀のことを聞かれて
答えに詰まる
場面
で演奏されるテーマで、短刀のきらめき
表現
していると言われています。

このテーマは、実際にはこの場面でしかはっきりとした形で
出てきません
が、オペラの終盤で、蝶々さんが子供を離して自害する
直前に、このテーマの変形パターンが、主に弦楽器によって、
重くべっとりとした音色で強奏
されます。
(ちなみにこの演奏が終わった直後に銅鑼の強打音が響き、
その瞬間に蝶々さんが自分の喉を短刀で突くのです。)


<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。