歌劇「蝶々夫人」
− ハミングコーラス−


(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

(MIDIデータ作成者BunV様 のHPより転載)

第2幕第1場の最後、 蝶々さん、スズキ、ドローレ(蝶々さんの息子)
3人がピンカートンの帰りをひたすら待つ場面
で演奏される
非常に静かで叙情的な音楽(ハミング)です。
「ハミング」コーラス(合唱)ですから、当然口ずさんで歌われる訳で
歌詞はありません。ですが・・・

この旋律が第2幕第1場中間部で、シャープレスがピンカートンの
手紙を蝶々さんに読んで聞かせる場面
で初めて登場することから、
蝶々さんがピンカートをひたすらに一途に待ちわびる心境
表現しているものと思われます。

<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。