歌劇「蝶々夫人」
− 呪いのテーマ −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

第1幕中盤で蝶々さんの叔父のボンゾが、改宗した蝶々さんを恫喝する
場面
で演奏されるテーマで、蝶々さんの改宗が呪われたものであり、
その為に絶縁から死に至ることを暗示するものと言われています。

このテーマは、第1幕の終盤の「愛の二重唱」で、その変形パターンが
主に金管楽器によって突如脅すように出てきます。


<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。