歌劇「蝶々夫人」
− 高い山から谷底見れば −

(注意!)プラグインがないのでMIDI再生できません。

第2幕の冒頭、スズキが蝶々さんのために祈る場面
(3年間も帰らぬ夫ピンカートンを待ち続ける蝶々さんが
もうこれ以上泣かないように、仏壇へ祈りの歌を上げている)
で用いられます。
その民謡の旋律に乗って歌われる祈りの歌の和訳を
以下に載せます。

(歌詞の和訳)
この歌は全てスズキ(蝶々さんに仕える女中)が歌います。
カタカナの部分はスズキの発音に合わせて記載しています。

(スズキ)
イザギ(イザナギ)、イザナミ、サルンダジコ(サルタヒコ)、カミ(八百万の神々)・・・
(ちょっと中断し、声が高ぶって)
ああ・・・!私ったら取り乱してるわ!
(仏壇の鈴を2回鳴らす)
それから・・・ テン-スジョオ-ダ(天照大御神)!
(ほとんど涙声で後ろにいる蝶々さんを見つめて)
蝶々さんがこれ以上泣かないようにしてください・・・
もうこれ以上・・・ 決して・・・

<注意!>
音源によりデータ作成者の意図しない音色で演奏される場合があります。
予めご了承下さい。