神々の誰ぞ彼?〜日本編

3.アマテラスオオミカミ(天照大御神)

言わずと知れた、皇祖神(天皇の祖となった天つ神)で、女神とされています(異説あり)。
先に挙げたイザナギの尊が、黄泉の国の汚れを落とすため、川で左目を洗ったときに生まれた神です。
ツキヨミ(ツクヨミ)の命とスサノオの命とともに、三貴神と呼ばれています。

名前の通り、太陽神で、天の岩戸の神話(前項の「三種の神器」脚注参照)は有名です。

それに先立つ、高天の原を訪れたスサノオの命との賭(「ウケヒ」と言われる)の時、アマテラスの左の髪に付けてある勾玉を洗って生まれたのが、天皇家の先祖、マサカアカツカチハヤビアメノオシホミミの命です。
このアメノオシホミミの命のさらに子供が、葦原中国に天下った天孫ニニギの命です。

つまり、夫なくして子供をなしているのです。そして、その子供(つまり、孫)は別の世界で暮らすことになります。このあたり、夫との別離の後に子を産み、後に子供と引き裂かれる蝶々さんの運命を示す伏線と読みとるのは穿ちすぎでしょうか。