(C) 関西シティフィルハーモニー交響楽団
(アマチュアオーケストラ,大阪市)

ガーシュイン・オペラ「ポーギーとベス」より
It ain't necessarily so
(必ずしもそうじゃないぜ)
− 歌詞の邦訳 −

(はじめに)

歌詞の日本語対訳に出る聖書上の人名記述や各挿話の参照は、新共同訳 聖書(2001年 日本聖書協会 刊)に拠りました。 
また、歌詞の英語には黒人特有のスラング下品とされる俗語が多用されているので、邦訳もあえて俗っぽく下品に しております。
お見苦しいかもしれませんが、予めご了承下さい。
ブラウザ上に表示される文字の大きさによっては、英語の原詩と邦訳が段違いで表示されることがあります。

(Sporting Life)

It ain't necessarily so.
De things dat yo' li'ble to read in de Bible,
It ain't necessarily so.

Li'l David was small, but oh my!
He fought big Goliath who lay down an' dieth,
Li'l David was small, but oh my!



(Scat)
Wa-doo! Zim bam boddle-oo!
Hoodle ah da wa da!
Scatty wah. Yeah!

Oh, Jonah, he lived in de whale.
Fo' he made his home in dat fish's abdomen.
Oh, Jonah, he lived in de whale.

Li'l Moses was found in a stream.
He floated on water til Ole Pharoah's daughter
She fished him, she says, from dat stream.


(Scat)

It ain't necessarily so.
Dey tell all you chillun de debble's a villun,
But 'tain't necessarily so.

To get into hebben, don't snap for a seben!
Live clean! Don't have no fault.
Look at me, I takes dat gospel whenever it's pos'ple!
But wid a grain of salt.

Methus'lah lived nine hundred years.
But who calls dat livin' when no gal'll give in
To no man what's nine hundred years?

I'm preachin' dis serman to show, 
it ain't nessa,ain't nessa, 
Ain't nessa, ain't nessa,
Ain't necessarily so!
(スポーティン・ライフ)

必ずしもそうじゃないぜ。
お前らが聖書を読んで知ったことも、
必ずしもそうじゃないんだぜ。

ガキのダビデはチビだったけどよぉ、なんてこった!
ヤツはでかいゴリアトを相手に戦ってぶっ倒したそうじゃねぇか、
ガキのダビデはホントにチビだったんだぜ、そんなのアリかよ!

スキャット:特に意味のない言葉を羅列した歌詞
ヴァドゥー! ズィン バン ブゥドゥルゥー!
フードゥルゥ アァ ダァ ワ ダァ!
スキャッティ ワァ イェー!

そうだ、ヨナは鯨の中に住んでたそうじゃねぇか。
テメエで鯨の腹の中に家を建てたそうじゃねぇか。
おぉおぉ、ヨナは鯨の中に住んでたってか!

赤ん坊のモーセは川の中で見つかったんだよな。
ヤツは籠に乗せられてファラオの娘のところまで流れてきてさぁ、彼女が釣ったんだろ、「モーセ(引き上げた)」って言ってよ!

(スキャット)

必ずしもそうじゃないんだぜ。
お前らが悪いヤツだって言ってる悪魔にしたって、
必ずしも悪いヤツとは言えないんだぜ!

天国に行きたきゃ、サイコロ賭博なんかやるなよ!
清く生きよ! 過ちを犯すな!
俺様を見ろよ、そりゃいつでも出来る限り教えは守るぜ!
・・・と言ってもまぁ、テキトーにだけどよ。

メトシェラは900年生きたそうじゃねえか。
でもどんな女にも相手にされなかったヤツが900年生きてたところで何になるってんだ?

とにかく、俺様がお前らに説教してぇのはな、
物事ってぇのは、いっつも、必ずしも、
そうじゃねぇってことなんだよ!

文と邦訳: 岩田倫和 (チェロ)