(C) 関西シティフィルハーモニー交響楽団
(アマチュアオーケストラ,大阪市)


関西シティフィル・ギャラリー
−第41回定期演奏会の映像−


<メンデルスゾーン・交響曲第3番「スコットランド」>
第4楽章 終結部
Windows Media形式:約5.9MB (演奏時間:2分57秒)


映像の再生には最新のWindows Media Playerが必要です。
お持ちでない方はこのページよりダウンロードして下さい。

また、ブラウザ等の設定によって、このページ上で再生されない場合は、
こちらから映像ファイルを直接ダウンロード(再生)して下さい。


メンデルスゾーン
作曲の交響曲第3番「スコットランド」の終わりの部分に当たる第4楽章終結部です。
前の場面とは打って変わって、「英国紳士」を思わせるような、荘厳でゆったりとした旋律が演奏された後、力強いファンファーレがホルンで演奏されて、華々しい終止を迎えます。
(この第4楽章全体をお聴きになりたい方は、こちらのリンク
(約11分:2.5MB)からMP3形式音声ファイルをダウンロード再生してください。)

この交響曲の解説ページでも書きましたが、交響曲第3番「スコットランド」の作曲開始から完成までに、メンデルスゾーンは14年もの歳月をかけています。この曲は様々な事情から、5つの交響曲の中の「第3番」となってはいますが、実際には彼の人生最後に完成された交響曲であり、5つの交響曲の中でも一番作曲に時間をかけ、渾身の力を込めて作曲された「最高傑作」の一つです。
この終結部は、そんな彼の「完成の喜び」だけでなく、作曲人生の「到達点」すら表現しているような気がします。

 

第41回定期演奏会ギャラリーのページに戻ります。

<文> 岩田 倫和 (チェロ)