(C) 関西シティフィルハーモニー交響楽団
(アマチュアオーケストラ,大阪市)


関西シティフィル・ギャラリー
−第41回定期演奏会の映像−


<メンデルスゾーン・交響曲第3番「スコットランド」>
第1楽章 冒頭部
Windows Media形式:約5.4MB (演奏時間:2分43秒)


映像の再生には最新のWindows Media Playerが必要です。
お持ちでない方はこのページよりダウンロードして下さい。

また、ブラウザ等の設定によって、このページ上で再生されない場合は、
こちらから映像ファイルを直接ダウンロード(再生)して下さい。


メンデルスゾーン
作曲の交響曲第3番「スコットランド」第1楽章冒頭部です。
木管楽器群とヴィオラによって、何とも言えぬ哀愁を帯びつつゆったりと演奏されます。
(この第1楽章全体をお聴きになりたい方は、こちらのリンク
(約16分:3.7MB)からMP3形式音声ファイルをダウンロード再生してください。)

この哀愁溢れる前奏部の旋律は、演奏旅行で訪れたスコットランドの首都エディンバラで見たホーリールード宮殿の廃墟
(修道院跡地)に霊感を得て作曲したものだと言われています。
(詳しくはこちらの解説ページをご覧ください。)

指揮者のギオルギ・バブアゼ氏は、
(作曲者による)総譜上の本来の指示よりも少々ゆったりしたテンポで指揮して、この旋律の持つ哀愁味をより深く表現するようにしています。

 

第41回定期演奏会ギャラリーのページに戻ります。

<文> 岩田 倫和 (チェロ)